クレジットカード現金化がなぜカード会社にバレて利用停止になるのですか?

流行のクレジットカード現金化へようこそ!このページはクレジットカード現金化素人さんのためのベーシックな内容が満載♪クレジットカード現金化全体について完璧にご説明しています。 - クレジットカード現金化がなぜカード会社にバレて利用停止になるのですか?

流行のクレジットカード現金化

クレジットカード現金化がなぜカード会社にバレて利用停止になるのですか?

カード会社では会員規約で換金目的の利用を禁止しています。
クレジットカード現金化も換金目的なので会員規約に違反する行為です。
もしクレジットカード現金化の利用がカード会社にバレてしまうとカード利用停止になってしまいます。

カード会社になぜバレるのか

自分で換金性の高い商品を購入し、クレジットカード現金化しようとするとカード会社にバレやすいです。
膨大なカード会員が居る中、なぜクレジットカード現金化の利用がカード会社にバレてしまうのかそれは換金目的が疑わしい利用履歴を自動的に探し出すシステムを導入しているからです。
クレジットカード現金化を利用するカード会員はキャッシング枠一杯まで借りている事が多いです。
そういったカード会員までにカード会社は絞り込む事ができます。
何度も換金性の高い商品を購入していたら、換金目的でクレジットカードを利用しているとカード会社は判断します。
クレジットカード現金化に用いられる換金性の高い商品は新幹線の回数券や商品券など、ある程度決まっているためカード会社にバレてしまうのです。
明らかに換金目的だと言うカード会員にはカード利用停止しますが、疑わしいと言うだけでそのような処分を下す事はしないです。
もし疑わしいカード会員全てカード利用停止していたら、膨大なカード会員が該当してしまいます。
繰り返して換金性の高い商品を購入しない限り、バレる可能性は低いです。
キャッシング枠も一杯まで借りないようにして下さい。

現金化業者はバレにくい

現金化業者を通してクレジットカード現金化した場合は自分で換金性の高い商品を購入するよりバレにくいです。
クレジットカード決済を行うにはカード会社の加盟店になる事が必要です。
しかし現金化業者は加盟店になれないため、決済代行会社を介してクレジットカード決済を行っています。
決済代行会社はカード会社に気づかれないように現金化業者のクレジットカード決済を行っています。
このため現金化業者を通したほうがバレにくいのです。

最後に

しかし現金化業者の利用がカード会社にバレるとカード利用停止となります。
支払が困難だからと言って自己破産しようとしても、免責不許可事由に該当するためにできないです。
リスクがあるのでなるべくなら利用しないほうが良いです。

クレジットカード現金化の驚き利用法TOPへ