クレジットカード現金化の注意点は何ですか?

流行のクレジットカード現金化へようこそ!このページはクレジットカード現金化素人さんのためのベーシックな内容が満載♪クレジットカード現金化全体について完璧にご説明しています。 - クレジットカード現金化の注意点は何ですか?

流行のクレジットカード現金化

クレジットカード現金化の注意点は何ですか?

近頃ではクレジットカード現金化で検索するといろいろな現金化業者が見られるようになりました。
こういった現金化業者では顧客が持っているクレジットカードのショッピング枠で商品を購入して貰い、その商品を買取すると言う形で顧客に現金を渡しています。
急ぎでお金を借りたくてもキャッシング枠が無い、消費者金融の審査にも受からないと言った時に便利ではありますが、このサービスにはいくつかの注意点があります。

現金化業者が逮捕された

2011年に現金化業者が逮捕された事があります。
今まで現金化業者では金融業者では無いとホームページなどで宣伝していました。
しかし今回の逮捕では貸金業法及び出資法違反に問われました。
これにより警察が現金化業者を金融業者だと判断した事になります。
金融業者は貸金業法により登録しなければいけないですが、現金化業者は登録していないです。
無登録で営業すると貸金業法違反となってしまいます。
現金化業者の換金率は金利に直して計算すると出資法で定めている上限金利を超えています。
このため出資法にも違反する事になります。
逮捕された現金化業者は顧客のクレジットカードを利用し決済を現金化業者が行っていた、商品を送らずにクレジット決済していたなど通常とは違う業務を行っていました。
そのような行為が判明したために警察が逮捕に踏み切ったと言われています。
通常の業務であれば逮捕されなかった可能性がありますが、今後は分からないです。

カード利用規約違反になる

カード会社では利用規約を定めており、この規約には換金目的でショッピング枠を利用すると利用停止または会員資格はく奪すると書かれている事が多いです。
消費者庁や日本クレジット協会でもクレジットカード現金化業者の利用について注意喚起しています。
クレジットカード現金化業者の中には日本クレジット協会から認可を受けているとうたっている場合がありますが、日本クレジット協会が認可する事はありませんので注意が必要です。
クレジットカード現金化を利用した顧客が逮捕されたと言う例は今のところ見られないです。
しかし換金率通りに振込まない、後から高額な手数料を請求するなどトラブルに巻き込まれた例が見られるのです。

まとめに

クレジットカード現金化のご利用から多重債務に陥ると言う可能性もあります。
利用停止または会員資格はく奪のリスク、トラブルに巻き込まれるリスクを負ってまでご利用するメリットは無いでしょう。

クレジットカード現金化の驚き利用法TOPへ